2009年06月27日

肉ごはん記録

5- 鶏ハム&アボ.jpg

鶏ハムとアボカドのナントカ
鶏胸肉があると いつも作る鶏ハム。
今回は、オレガノ・レモンタイム・イタリアンパセリを一緒に巻いて。
ハーブは、昨年自家栽培して収穫したのをドライにしたモノ。
する時は面倒いけど、1年中使えるからとても重宝してる。
漬け込んだらそのまま巻いてボイルしてたけど、今回は多めの塩で仕込んで、
茹でる前に30分くらい塩抜きしてみた。
ダイレクトに塩気はこないけど、あっさりとしてるので、さしみのように食べるのが美味しかった。
タレはアボカドに合わせてワサビ醤油が合うけど、
柚子胡椒や粒マスタードなんかでも良さそう。


5- ウチ餃子.jpg

焼き餃子
料理の雑誌を読んでたら、なんだか自分も餃子の皮を作りたくなった。
ちゃんとしたのを作ったのは、多分・・・5年振りくらいかも。
チビさん向けの不思議な餃子は多々作ってたけど。
(今回も数個は中身が ツナ&玉ネギ)
ちょっと皮が薄すぎたのか、焼いてる途中で何個か皮が破けてしまい、
大切な肉汁がドバーー。
蒸餃子のようにムチムチするのが理想。


餅餃子.jpg

スープ餅餃子
こっちは中身が鶏肉。
キャベツ・玉ネギ・少しの人参・生姜を混ぜ込んで。
それを丸めて団子にしてボイル。
お肉を食べないチビさんが、唯一食べてくれる肉団子。
大量に作って冷凍庫に常備してるやつを、上新粉&白玉粉の皮で包む。
鶏ガラ的なスープに浮かべて。


    
posted by 向夏 at 00:21| Comment(3) | TrackBack(0) | めし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

固めるスイーツ

最近パン日記ばかりで、なんだかなぁーって感じですが、
本当、暑くなってきましたね。
梅雨と言えど、この蒸し暑さどうしたら良いものか。
戸を開けて寝ると、朝 とてつもなく寒いので、快適に眠る術を模索中。
毎年のことながら、チビさんが布団からグーンッてなるのを、頑張って阻止しようと試みますが、私自身が爆睡してしまうので、結局 朝まで気づかず。。。
忘れもしない、生後8日目のこと。
退院して自宅でホッとしたのもあったのか、自分の布団でまるで冬眠のように眠るワタクシのすぐ真横で、ギャーと雄たけびを上げて泣いていた赤子。
家族に起こされるまで全然っっ気づきませんでした。笑
そんなチビも早2歳ウンヶ月。
寝相も態度も、豪快です。


6-カボチャプリン.jpg

暑くなってきたので、プリンやゼリー系が食べたくなる季節。
モソモソしたのとか濃厚なのは、今は結構です。といった感じ。
ついでに野菜とか栄養も摂らせたいので、「 かぼちゃプリン 」
あまり南瓜は単体で食べてくれないので、いつも料理やおやつに混ぜ込み方式。
甘さはほとんど入れないんだけど、この南瓜は味がない(不味いとも言う)ので、少しだけきび砂糖を。
メープルシロップの方が風味がイイかなぁーと思いながらも、
ストックがある部屋に行って、封を切って、それをしまう冷蔵庫のスペースを確保するのが面倒くなってしまって、断念。

6-カボチャプリン (2).jpg

でも、ちょっと南瓜を多く入れ過ぎてしまって、ご覧の通り、プリン感ゼロ。
どっちかって言うと、羊羹みたいな感じ。
イメージは水羊羹的なツルン感だったのにな。
その辺はまた今度、改良してみることにしよう。


トマトゼリー.jpg

こっちは、 「 トマトゼリー 」
生のトマトをミキサーでジュースにしてから、ゆっくりと漉して、
下に落ちた旨みたっぷりのジュースを使う。
もっと目の細かい漉し器を使えば完全に透明になるんだけど、
せっかちなのでグイグイ押したせいで、半分だけ赤いです。
トマトの旨みだけ味わってもらう為に、少量の砂糖を入れて固めただけのシンプルなゼリー。
コンソメとか入れたゆるいジュレにして、
野菜や魚のソースのようにしても凄く美味しい。
脱水した時に残った果肉の部分は、ソースやお菓子・パンに使えます。
コレでも使ってますね)

こういうおやつが出てくると、あぁ夏になるんだなーって、やっと気づきます。


      
posted by 向夏 at 01:22| Comment(3) | TrackBack(0) | あまいモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

サフたち

先月のパンたちの記録。(見られるモノだけ…)
すべて少しのサフ。


4-枝豆リュス(サフ).jpg 4-枝豆リュス(サフ) (1).jpg

枝豆のリュスティック
本当は採れたての枝豆・・・なんて贅沢なことしてみたいんだけど、
とりあえず すぐに食べたかったので、市販のモノで。
粉は、タイプER。
欲張りすぎて、枝豆過多でっす。
おまけに、最終発酵も過多です。。。
でも意外と中身は無事(?)だった。
チビさんにあげたら、返ってきたお皿には枝豆が山盛り。
あー、キライみたいね。

4-枝豆リュス(サフ) (2).jpg

アボカドディップを付けて。
このディップがあれば、何でも食べられる。
・・・なんてのは、きっと私だけかもしれないけど。
白身魚に塗ったり、裂いた鶏肉と和えたり、卵に乗せたり。



5-パウンド食(サフ).jpg

プレーンなパウンド食パン
サンドイッチ用に。
粉は、はるゆたかブレンド。
生地量をいつもより少し増やして、キノコ型にしようと思ったけど、
予想外に型に収まってしまった。
長めの型だからバランスが取りづらい。

5-パウンド食(サフ) (1).jpg

写真にもおさまりづらい。笑
(イヤ、私が下手なだけだけど)
食パン型との中間の大きさの型があればイイのにな。



あと、失敗バゲの供養。

4-バゲ(サフ).jpg


    
posted by 向夏 at 02:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 自家パン(イースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

クッペ と クープ

5-おかか(サフ).jpg

いきなりクープのアップから、失礼します。
一応、それなりに開いてくれるようになった。
(チーズだか何だかが、焦げてますが)
でもまだ最終発酵で気を抜くと、のぺーんとしたモノが出来上がる。
正直、バゲットは半ば諦めました。笑
そもそも、現在の我が家ではバゲットは「 消費しないパンNO.1 」なのでね。
クープもウマく開くと嬉しいけど、問題は美味しさなワケで。
なるべくクラムが多くて、シンプルで、無添加で、レーズンなんかが似合うパンが、一番作りたいパンかなぁーって。
しかし、クープの状態がイイと、パンの状態がすごくベストだったりする。
(結局、クープなのかっ)

5-おかか(サフ)1.jpg

側面から。
端っこが若干ピキピキしてます。
エッジがシュパーンッてしてたら、カッコイイんだろけど、
私&ウチのオーブンだったらこのくらいが限度かなー。
修行したいなー。



5-おかか(サフ)3.jpg

で、このパンは おかか醤油のクッペ
雅子センセーの本より、自分配合で。
タイプER・少しのサフ使用。
吸水は・・・72%くらい入れたかも。(内麦のクセに)
元々、甘くないパンの方が好きなんだけど、こんな和風なモノって考えてもみなかった。
フィリングを入れてる時ちょっと心配になりますが、、クープ近辺のちょっと焦げた所が香ばしくて、最高。
オーブンに入れる時、小じんまりしたサイズで大丈夫かなって思うけど、
中で膨らむもんなんだねー。

5-トマト&チーズ(サフ).jpg

5-トマト&チーズ(サフ)1.jpg

同じ生地で、もうひとつ焼いた。
トマト&チーズのクッペ
普通のプロセスチーズに、トマトペーストを合わせて。
ペーストは、生のトマトを脱水した後の物を、少し味付けて作ったヤツ。
ちょっとマーブル的に出てて嬉しい。

クッペと言っても、私のはちょっとズングリした形にしてる。
細長い形だと端っこの面積が小さくなって固めになるので。
クープもクッペも同じ「 coupe 」なのだが、クープが開かないクッペはただのコッペパンになってしまう。
…なんて意味不明なことを考えていたら、
コッペパンの「コッペ」もクープからきてる事に気づいた。


     

posted by 向夏 at 01:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 自家パン(イースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

春だったね '09

また いつもの時期外れ写真です。
もうすっかり梅雨のようなお空さんですが…
やっと整理して載せられるようになりましたので。
今年も近場のみですが、お花見にちょこっと行ってきたものを。

09庭桜-1.jpg 09庭桜-2.jpg

ウチの庭にある桜の木のひとつ。
毎年、気温の目安になるんだけど、今年は日中に暑くなる日が続いて、
朝は八部咲きでも、昼には ほとんど開いてた感じ。

09花.jpg 09花-1.jpg

黄色い花もキレイ。


09水仙.jpg

水仙と桜が一度に味わえるポイント。
今年はなんとか見頃に合わせて来る事ができた。
地元の人が使う道の超ど真ん中にあって、
この道を走らなきゃ水仙畑は見えない配置になってるんだけど、
結構 県外車が来てたから、知ってる人は知ってるんだね。
ポカポカでした。



***おまけ***

09水仙-1.jpg

    
posted by 向夏 at 02:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 写真たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

天然酵母のスコーン&ワッフル

これはちょっと前に作ったんだけど、
天然酵母のスコーンは、お気に入りでよく作る。
初めはベーキングパウダーの、イングリッシュスコーンから入って、
アメリカンなゴロゴロしたやつも好きになった。
それからちょうどパンにハマり初めてきてて、雅子先生のスコーンに出会って、
こんな味わい深いモノが作れるんだーっって感動した。
何度か試作という名の実験を繰り返して、
バターの量や口解けの感じを自分好みに調節して、今の配合に落ち着いた。
好きな時に気ままに焼ける天然酵母のスコーンが好き。


4-クリチ&ピール.jpg
クリチ&文旦ピール
酒粕酵母使用。
クリチを入れたくて、何か良いピールでもないかなぁーと、冷凍庫を漁り、
母が作った文旦ピールを発掘。
これは2日目。 多分。

4-南瓜&カレー.jpg
南瓜&カレー
同じく酒粕酵母。
南瓜をブロックにしたものの、結局折り重ねてる時にほとんど潰れてしまった。
風味付けで、カレー粉。
コク出しに、粉チーズも入れたような気が。。
これは4日目。か、5日目。
焼くのが遅くて、結構パン化してしまった。


南瓜ワッフル.jpg
南瓜のワッフル( 幼児用 )
南瓜ついでに、こっちも製作。
こいつも酒粕酵母。
同じ生地で、ホットケーキとワッフルと、半々で作った。
南瓜さん大活躍のお陰で、しっとりフワフワに。
やっぱ焼きたてが一番ウマイっ!!
チビさんの大好物でもあるので、大量保存。
     

posted by 向夏 at 02:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 自家製天然酵母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

渦巻き・再び

4-小倉&抹茶.jpg

たまには甘い普通(?)のパンを製作。
小倉&抹茶渦巻きパン
沈みがちな抹茶はあまり得意ではない。けど、食べたい。
なので、渦巻きにして抹茶が占める割合はなるべく少なく。
あずきのストックがなかったので、市販の小倉餡を巻き巻き。
パウンド型にぶち込んで。

4-小倉&抹茶 (1).jpg

お見せできる程のモノではありませんが、ザ・断面。
若干、餡子を欲張りすぎて隙間が拡大したものの、味はオッケー。
でもやっぱり、スキマー、酷いですね。笑。
あー、向こうの空が見えるよ…。
そもそも手抜きの餡子が、一番の犯人なわけで。
こういう菓子パン苦手だなぁーと、しみじみ思う。
(いや、複雑にしてるのは自分なんだがねっ)


なんだか かんだかで、もう5月が後半になって、
暑い日が続いたと思ったら、霜が降りたり・・・
数日前、やっと冬物を片付けました。
ニット類ってすんごくかさ張るから、圧縮パックにいれてヒューってしようと思ったんだけど、
うちの掃除機、スタンド型で充電するタイプのなんです。
これだと圧縮できないじゃないかい??
いつもはサッとお掃除できて大活躍なのに、今回は役立たず。
じゃあ、どうやって圧縮するかって???
人力です!!

     
posted by 向夏 at 01:12| Comment(5) | TrackBack(0) | 自家パン(イースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

葡萄パン

3-カレンツ&プルーン(酒).jpg

今回は カレンツ&レーズン&プルーンのカンパーニュ的モノ。
酒粕酵母。
半端に残っていた葡萄たちを詰め込んでみた。
私的にはかなり慣れてきたけど、まだレーズンだけバクバク食べろと言われたら、無理。
かもしれない。。。
チビさんが好きで食べるから、やっぱり焼かないわけにはいかない。

3-カレンツ&プルーン(酒) (1).jpg

なんだかいつもゴタゴタの中で作ってるから、なかなか上達しなかったり。
どうも具が全体に散らばらない。
クープも引きつっちゃうし。
でもまぁ、売るわけじゃないし、食べる分にはコレでイイ。
酒粕酵母はやっぱりクラストに特別な香りがする。

クープが上手く開かなかったり、クラストのバリッ感が弱いから、
予熱を少しだけ上げてみた。
だけどウチのオーブン君には無理みたいで、、、。
設定してもそこまで温度が上がらない。
製造年を見てびっくり。 えーと・・・「84年」らしいです。笑。
確かに小さい頃から使ってたし、形・機能も古い型だし。
長年使い込んできたので、窓が黒くて中がよく見えないのが特徴。笑。
これでも普通にやけちゃうから、スゴイ奴です。


    
posted by 向夏 at 02:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 自家製天然酵母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

おやつ

ゴールデンウィークですね。
きっと色々な場所へ行ったり、家族や友人たちと、楽しい時間を送られてるのでしょうか。(もちろん、仕事の人も頑張れ〜〜)
(↑それはウチの姉。)
我が家は恒例の兄家族が遊びに来てます。
1人でも大変なのに、子供3人に振り回されながらの外食、
かなり重労働だったりしますが。。。
…それはそれで、イイ経験ですねっ笑。


3-ホットック.jpg

最近のおやつ、「ホットック」
これは韓国で定番のおやつなんだとか。
中から溶けた糖がこぼれる、アツアツを頬張るのがイイんだとか。
実際に売ってるのも見たことないし、実物も知らない。
写真とレシピ文だけで解釈した、アバウトな似非ホットックです。
しかも、若干薄くし過ぎた感が。
でもモチモチ感が美味しかった。

こちらの国、何だかモチモチしたものが多いですよね。
(って、私の知識もかなり偏ってますが、、、)
個人的に、食べ物に関してはとても好みが合うお国です。
また何かレシピを見つけて作ってみたい。



ミルクプリン.jpg

ミルクプリン
と言ってはみたものの、牛乳を固めただけですが。
チビさんの大好きおやつ。
こんな手抜きおやつで申し訳ない感がいっぱいなのですが、楽なので定番化。
大好きな苺もつけて。


     
posted by 向夏 at 01:00| Comment(4) | TrackBack(0) | あまいモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月30日

パウンド食パン

3-パウンド食(少サフ) (1).jpg

最近、また普通の柔らかいパンが食べたくなったので、こんなパンを。
天然酵母を使うと、しっかりと焼き込んだり、ドライフルーツを入れたパンを食べたくなるので、今回はフカフカを目指して少しのサフで。
仕込みは牛乳。

3-パウンド食(少サフ).jpg
型が細長めのなので、山3つ。
シンプルに丸く成形で。

3-パウンド食パン(少サフ) (5).jpg
ザ・断面。
久しぶりなので、まぁまぁな感じです。


TVを観てたチビさんが、ゆで卵を見て何やら興奮していて、
それが次第に形を変えてサンドイッチになった途端、
「コレ食べう〜〜」と絶叫。
今までサンドイッチを何度か作ったこともあったけど、
まず分解して、細かい具の分別、最後は手のひらで揉む。
…という悲しい結果になるから、あまり作らないようにしてた。
でも、今日はそこまで言うなら作ってやろうじゃないのっ、って事で、
この小さい食パンでいざ製作。
TVの相乗効果もあって、一口食べると両手を挙げて踊ってました。
いわゆる(?)感動の舞。


   

posted by 向夏 at 01:11| Comment(5) | TrackBack(0) | 自家パン(イースト) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。