2009年03月12日

赤いパン と フィグパン

2-トマト(酒粕+サフ).jpg

久しぶりにトマトパンを焼いてみた。
オサレに言うと、なんとかポモドーロ。
しばらくレーズンとかが流行っていたけれど、いよいよ材料がキレてしまい、
というか…早く注文しなさいよBYクオカなんですけれど。
なんか野菜のパンも食べたくなってきたところで、
今回はジュースじゃなくてホールトマトを練りこんで。

最近は失敗も少ないからって気を抜いてたら、
うっかり元種を作り忘れ&
ストレートと勘違いで酒粕酵母、途中までドボドボ&
それじゃあ入るトマト減っちゃうじゃん・・・
というハプニングがあり、久しぶりにドライイーストさんの出番。
赤サフを少々。
色が薄いけど、そのお陰でなんとか無事発酵。

2-トマト(酒粕+サフ) (1).jpg

2-トマト(酒粕+サフ) (2).jpg

加水を多めにしてみたら、モッチモチのチビさん好み。
食べる時必ず感想を言ってくれるんだけど、「もちもち?」と疑問系。
いいえ、これはパンです。餅ではない。
粉練って焼いときゃパンなんだよっと、口の悪いママ。笑。



2-プルーン&フィグ(酒粕) (1).jpg

これは別日に焼いたプルーン&ドライフィグカンパーニュ
酒粕酵母。
もっとギッチリ詰めたいんだけど、チビさんに合わせて余白多め。
フィリングを均一に入れるって難しいんだなーと痛感。
でも、このプチプチした食感が堪りません。
どっちも甘ったるいから、胡桃とか入れたら美味しそう。
なんとか次第にドライフルーツを克服できそうな予感がする。
もっと沢山摂れれば貧血も治るかもね。

    
posted by 向夏 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自家製天然酵母 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。